季節のエネルギーと経絡

50786

経絡

人間は欠けている性質を持っていて
生きていく為に4つの性質が必要と
なるが故に、身体の中で少ない
エネルギーをチャージして蓄えて
おき、充電して使っています。

充電したエネルギーを自分の中に
用意しておき、必要に応じて全身に
流しパワーを分配している。
この装置が経絡、ツボ。

経絡とは、エネルギーが出入する
ツボとツボを並べた
エネルギーラインのことです。

ツボは、外に電波を飛ばし、
外からの電波をキャッチしている。
体内、体外をラインで
情報伝達している回路が経絡。

元のエネルギーを充電しているのが
内臓で、エネルギーの充電装置。

あなたが生まれた時の内臓の働きが
外の空気によりスイッチがオンに
なり、最初に充電した充電器が、
生理的な偏りになっていく。

内臓は、五つの種類のパラメーター
になっています。
春夏秋冬の4つプラス季節の境目を
もう一つとして5つです。

季節のリズムは大きく四つですが、
各季節の変わり目の「土」の時は、
窪んでいるから運が悪くなる。

エネルギーポテンシャルが、
一番下がった状態を「土」と
言っています。土用のドです。

あなたに今、何が欠けているのか
分かれば、その時間とエネルギーの
性質を利用することが出来ます。

宝くじを買っても、当たることが
始まって無い人が買っても、
しょうがないのです。

長期的プランのエネルギーは、
火と水が必要。

短期決戦型は、木と金が必要です。
事象を停止させるのは、土。

自分が必要なエネルギーを必要な時
に使えるように人体の中に蓄電して
おくのが内臓です。


春 始まりのエネルギーを
肝臓にチャージする。
物事を始めるエネルギー。

一年分の始まりのエネルギーを
いつでも使えるように肝臓に
チャージする。

起業家、ベンチャービジネスタイプ
は肝臓が活性化していないと、
向いていない。一方で、肝臓が
活性化すると怒りっぽくなる。

夏 活動力。心臓。イライラ、
  サディスト。

秋 収穫し物事を完成させる
エネルギー。肺。呼吸が弱い人は、
夢が叶わない。

呼吸法の訓練は、
ビジネスサクセスのエネルギーを
直接チャージする事になる。
身体が元気になる。悲しみ。

冬 物事のプランを作る。
アイデアを練る。反省。用意。
腎臓。怖れ。
腎臓が弱くなると怖がりになる。

季節ごとのエネルギーを臓器に
チャージして一年間使いまわす。

あなたが生まれた時の季節の性質を
最初にチャージしているから、
それが、あなたの性質の得意技に
なるのですね。

生まれる前は、
全員ニュートラルな状態ですが、
生まれた瞬間の外のエネルギーで、
あなたの一生のスイッチパターンが
決まってしまう為、
残りの3つが使いづらいのです。

季節の境目を土用と言う。
土用は、エネルギーパターンが
落ち込む時期です。

その季節の世界の性質と、
あなたの肉体のスイッチが連動して
いるので、他の残りの可能性が無く
なってしまいます。

しかし全部の臓器のスイッチが入り
動き出した時には、
欠けているエネルギーを補うように
蓄電された4つのエネルギーを
自分の中にチャージして

外の世界に向かっていつでも
放電するように使うことが
出来るようになります。

土用のエネルギーが落ちる時期には
補充して、悪いエネルギーを
ディスチャージ出来るようになる。

土用の丑の日に、ウナギを食べて、
エネルギー補充するのも、
理に適っていますね。

 

 

スポンサードリンク