シュタイナーの生と死を学ぶ訓練

54585

植物を種から、鉢植えで育てる。
肥料をやり、自分で育てていく。
一年草のようなものいい。

芽を伸ばし、枝葉をつけ、成長し、
冬に枯れていく。

植物の一生を1度観察する。すると
人の魂が生と死を学べるという。

子供は祖父母の死を体験すると、
大人になる。飼っているペットが
死ぬことを通じて、
命の死をはじめて学ぶ。

知識として知っていても体感がない
と本当の意味でわかってはいない。

実時間の中で死によって別れていく
ということを体験すると、
その魂は必ず成長する。

生と死を実感していく回数が、
その人の魂を成長させていく。
もしくはダメにしていく。
どちらに転ぶかはその人次第です。

誕生から死をワンセットにして、
生命体の発生・成長・老化、死の
サイクルを看取ることで、
あなたが賢者になる。

この完全な宇宙のリズムを経験する
生と死を何回も擬似的に体験をする
ことで、普通の魂ではない
シャーマンになる。
そしてワイズマンに変わっていく。

スポンサードリンク