禅は過去の履歴を消す技

55505

今までの運命の流れを無効にする
ことを、仏教では禅といいます。

禅とは何か?
今この瞬間の自分に集中することで
過去の履歴を消す技。

不幸な履歴を忘れる。
どうなりたいのかを考えない。

すると、刈込みがおきます。
エネルギーの分散を刈りこんで、
今一点に、
エネルギーを使うことができる。

すると、過去と未来に、
流していた余計なエネルギーが、
接続を切ったことによって、

ディスチャージすることが
なくなり、電気が無駄遣いがなく
なって、ブレーカーが飛ぶことが
なくなり、今使っている機械が
きちんと動くということになる。

電気を使いすぎて、
一定の量がないのに、過去に使い、
過去をくよくよしていたら、
電圧下がるから。
ライトは暗くなってしまう。

「これから先どうしよう?」
未来を考えることで余計暗くなる。

忘れ考えないことによって。
この2つをはずすのです。
禅・・体を動かさず、何もしない。

そして静かに存在することを
やめてみる。
積極的に“ある”のではなく、
存在するだけになる。

Doing̶
やっていくことをやめてみる。

体の働きは、できるだけ静かにする
から、結跏趺坐、座禅にして、
あれこれ動かないようにして、
力を抜いていく。

寝てしまうから、
最低限背中をまっすぐにする。 

その後は呼吸は静かにしながら、
自然のリズムで、積極的に吸ったり
吐いたりしないで苦しくない範囲で
穏やかにする。

リズムを刻むとかは、
本当はどうでもいい。

何もしない。そして話さず、
喋らず、考えず、イメ ージを
追いかけたりもせず、

内言も放置していくと、
心が反応することをやめていき、
ただ、 いるだけになる。
存在感だけになる。

つまりそのとき、Being になる。
Do をやめるのです。

そして何もしない状態を作った時
結果的にあなたは、
エゴを消滅させたことになる。

もちろんこれは時間としたら
わずか数秒かもしれません。
その数秒が、力を獲得する。

我慢するのでもはなく、
頑張ることもやめてみるのです。
ただ“ある”ようにする。 

だから、
40分頑張るは間違いです。
頑張りたくなったらやめていい。

「よし、がんばろう」
1分ぐらい頑張る。
そしたらやめていいのです。

それが今のあなたの実力。
それが2分で訪れるのか、
10分で訪れるのか

将来淡々と40分できるようになる。 
できるようになったら、
精神的なエナジーをチャージする
ことに成功したのですね。
そしてこれが使えるようになる。

スポンサードリンク