問題はつねに内にある

争い

例題で…

私が、ある方●●を怒り、
許すとか
許さない×とか…もめているとしよう

ここで問題解決は、
2つの方向に分かれているのだ

 (1) 内 (2)外
2つの話しがある

(2)外から言えば ●●を訴えるかどうするか?

みたいな対社会的な論点がある
この場合 許すとは⇒ 訴えることをしない、
などの事を示す

ところが、これとは別に
(1)内側の ワタシの気分の問題が残っている

訴訟をしない⇒ 世間的には許す、
しかし
気分が悪く腹立たしい⇒ ×ワタシが許せない

こうなると ストレスが残るわけだ
それならば ×訴えるほうが自然だろう

 逆に (2)外では訴えるけれど ⇒×許さない

気分は(1)内で 気が済んだ ⇒ 許した
ということもあろう
 

スポンサードリンク

この場合ならば
仮に訴訟で負けても
それほど引きずらないのではないだろうか

先に 自分の(1)内側
気持ちを静めて
おだやかになれたとする〓 その直後
その方を考えても普段ほど
腹立たしい気分にはならない
 

これを 繰り返す
アタマにきたら、その方とは関係なく
瞑想モードに入り相殺する
 

その内に 障害とはならなくなり…
まあ、すんだことだ
くよくよせずに前進しよう
となれば

 

内に 怒りは無くなり
許せる感じが出てくる
だから、より重要なのは
出来事に対する (2)外での対応ではなくて

 

(1)内に、おだやかな気分をつくる訓練だ…………

呼吸法、イメージトレ、マントラ、
瞑想、動功、体操、踊り、舞い
芸事、読書、勉強、習い事、
趣味に打ち込むこと、リラックス、
集中、興奮、etc… 
なんでもよい 気分転換

そのことを普段から
ひとつ技としておく
それをやるだけ

問題はつねに内にある

 

スポンサードリンク